将来有望株

怒られている人を見るのはあまり気持ちのよいものではないかもしれません。けれどその人がどういった対応をとるかによって、その人の将来性を見ることが出来ます。


 同僚の男性が怒られている所を見たことはありますか?
 その時、その人がどのような対応をしていたか覚えているでしょうか?


 怒られたときの対応は、その人が「デキる」か「デキない」かを端的に示しているのです。


 将来有望と考えられるのは、しっかりとした「言い訳」が出来る人と、相手に対して「反論」が出来る人です。
 筋の通った言い訳をする人は、きちんと自分がした失敗に対して論理的に考えられている証拠。こういったことを考えられる人は、同じ過ちを繰り返すようなドジは踏みません。
 一つの失敗からきちんと学んで、着実に成長していくタイプの人です。


 また反論が出来る人は、自分の考えに自信を持っている人といえます。
 たとえ地位の高い人が相手でも、間違っていると思えば間違っていると指摘できる強い心を持っています。自分自身の信念を持って、仕事を進めていくタイプです。


 逆に将来望み薄なのは、怒られると黙ってしまうような人やひたすら頭を下げる人。
 黙ってしまう人はあまり怒られた経験がない人と考えられます。
 「怒られる」ということを経験したことがないために、どうしたらよいかわからなくなってしまうのですね。こういったタイプの男性が最近増えているといいます。

 ひたすら頭を下げる人は、ただ言葉だけで謝ればすむと思っている人です。
 「反省だけならサルでも出来る」
 という言葉が昔はやりましたが、ひたすら謝るだけの人はその反省もせずに謝罪だけすればよいとどこかで思っています。こういった人はその場を取り繕うだけで、自分のミスについて反省していないために次も同じ失敗を犯しかねません。