いろんな机

職場で与えられている机は、大体の場合では皆同じでしょう。けれど全く違った机に見えるのは何故なのでしょうか?


 あなたの職場で、机の上が散らかっている人はいませんか?


「たくさんの書類、たくさんの仕事を抱えている」
「片付ける間もないくらいとても忙しい状態にいる」
と考えると、
「仕事が出来る人」
ともとれそうなものですが、それは心理学的に見ると大きな間違い。


 机の上をきれいに出来ない人は、仕事上のミスも多いと考えられます。


 机の上を整理整頓できない人は、大雑把な性格をしています。ミスをしてもあまりそれを生かすことが出来ません。
 つまり、一度したミスを「今度からは気をつけよう」と思わずに「まあいっか」と流してしまうのですね。結果、また同じようなミスを繰り返すことになります。


 散らかってはいないものの、机の上が仕事には関係ないものに溢れている人もいます。小さなぬいぐるみだったり、好きなタレントの写真だったり。そういった人は会社には染まらない個性派の人だと考えられます。
 会社には染まらないということはつまり、協調性に乏しいともいえます。


 逆にいつ見ても机の上に乱れがない人。こういった、整理整頓が行き届いている人は、義理堅い性格と考えられます。
 もしかしたら、頑固者として有名な人かもしれません。
 机をきれいに整頓する人は、頑固者である傾向もあるのです。


 同じ職場で同じ机を使っているはずなのに、全く違った机のように見えるのはそれぞれ使う人の性格が出るからなのですね。