電話での印象@

電話では声や話し方しか伝わりません。けれど、電話相手を見たことがなくとも、その人に対してある程度のイメージを抱くことができるのです。


 「問い合わせをする電話から面接は始まっている」ということを聞いたことがあります。
 求人広告などで採用を募る際に電話での応募を求める会社は多くありますが、この、実際に会う前にする電話が合否に影響するというのです。


 また会社同士のやり取りも、実際に会わずに電話でなされることが多くあります。その電話だけで、相手方について想像することは少なくはないでしょう。


 勿論良い印象だけでなく、悪い印象を抱くこともあります。
 たかだか電話、ですがこの電話を通して人は様々なことを読み取ることが出来るのです。


 電話は声だけで伝えるもの。表情やしぐさは一切目に出来ません。つまり、声や話し方だけで情報を相手に伝えるということです。相手に良い印象を与える電話の方法を身につけるにはまず、相手に良い印象を与える声や話し方を身につけなくてはなりません。

 どういった声や話し方が相手にどのような印象を与えるかを知っておけば、電話だけでなく日常生活の中で大きく役立つと考えられます。


 特に会社同士のやり取りを電話でする場合は、あなたの話し方一つで会社自体の印象が決まりかねません。自分の会社のイメージをあげるため、逆に損なったりしないため、電話で話す機会が多い人は自分の話し方について一度振り返ってみましょう。