へやのいろ@

 部屋の模様替えをするときは「色」を考えることも重要です。  何色を選ぶかによって、その部屋で過ごす人の心理状態は大きく変わるのです。  ここではモノトーンカラーの部屋についてみていきます。


 ちょっと気分を変えたい時、部屋の模様替えをしたいと思うことがありますよね。そんな時、インテリアの色も大事に選びたいものです。どんな色で部屋を彩るかによって、その部屋で過ごす時の気分も変わってくるのです。


・白のへや

 白を基調とした部屋は、どこか洗練された印象を与えます。生活感を感じさせない色といえます。
 白は、部屋を広く見せたいときにも効果的です。白は光を反射する色。その効果によって、空間が広く見えるのです。
 ただ白一色にすると冷たすぎる印象になってしまいます。白だけでなく、程よく温かみのある緑色を配置するようにしましょう。


・黒のへや

 正反対の色、白の部屋と同じく、黒の部屋もどこか洗練された、生活臭のないイメージを抱かせます。重みのある色ですので、重厚な雰囲気を作り出すことが出来ます。
 逆に黒のインテリアが多すぎると重苦しい空気に包まれるので、「黒ばかりの部屋」など一色に染めてしまわないようにしましょう。特に狭い部屋に黒色が多くあると、部屋が余計に狭く感じるようになるので注意しましょう。


・灰色のへや

 白と黒をまざった灰色は、刺激の弱い色。つまり、日ごろ生活する中では、主張のない楽な色といえます。疲れている人、疲れやすい人は少し部屋にグレーを取り入れてみるとよいでしょう。
 グレーは多すぎると何もかもに対してやる気がなくなってしまいますが、小物でおいておくと心を落ち着かせるのに一役買ってくれますよ。