結婚するには?

 結婚について、男性は抽象的に、女性は現実的に考えます。  結婚前は、女性が男性側の抽象的なイメージに合わせて話を進めてあげるほうがうまくいくと考えられます。


 今結婚したい彼氏がいる女性。決して彼氏に対して結婚後の具体的な話、特に「生活費はいくらにして〜」なんて現実的な話を持ち出してはいけません。
 男性がひいてしまうこと請け合いです。


 男性が結婚に抱いているのはそういった現実的な面ではなく、実に抽象的な「イメージ」と呼ばれるもの。女性が非常に現実的なのに比べるとまさに正反対です。


 抽象的なイメージを持っている男性に、現実的な悩みや問題をぶつけたらどうなるでしょう?


 自分の考えとの間に、大きなギャップを感じてしまいます。このギャップ、男性が結婚からしり込みしてしまうには十分なもの。女性からすると考えて当然の現実的な話はあえてここでは封印した方が得策。 結婚を現実にする前に、男性の方が逃げていかれたら困りますよね。現実的な話ばかりしていたら、結婚自体が現実のものではなくなってしまいます。


 男性の前ではあくまで抽象的な結婚のイメージの話をしてあげると良いでしょう。そうすれば男性も結婚からひくことなく、前向きに考えてくれるはずです。


 金銭面や生活面については、これから本当に一緒に暮らしていくならば避けては通れない話。いずれいやがおうにも考えなくてはいけなくなるのですから、結婚前ぐらいは男性のイメージ的な部分を崩さないでいてあげましょう。


 男性は表に出さないだけで、女性が抱く、結婚の現実的な部分についても考えてはいるのですよ。