愛情=お金?

 お金をどのように扱うかによって、恋愛面に対してどのような態度を取るかも判断できます。  お金を大切に扱う人は、恋愛相手も大切に扱う人だといえます。


 愛情に置き換えて心理状態や性格をはかることが出来るものがあります。

 それは、お金。

 お金をどういう風に扱うかを見れば、その人がどのような「愛情」を持ち合わせているかがわかるのです。


 お金を大切に扱う人は、恋愛の対象に対しても優しい人です。
 お金を大切に扱える人は、愛情を抱いた人に対しても大切に扱う人といえます。恋愛するにはもってこいの人と言えますね。

 ただお金を大切にしすぎると、また話はかわります。
 お金を大切にしすぎて、勘定にうるさい人。いわゆる「ケチ」な人ですね。
 こういった人は恋愛関係についても口うるさくなりがち。愛情について、その相手についてついつい口を出してコントロールしようとしてしまう人です。


 何かあれば財布のチェックをしてしまう、常に財布の中身を気にしてしまう。
 そんな人は、愛情が不足していたり、恋愛に問題を抱えていたり。彼氏がそんな動作を続けていたら要注意です。


 さて、最後にお金を貯めて貯めてひたすら貯めまくる人。
 ようはお金を貯めることだけが生きがいの人ですね。

 こういう人が愛情もためていくかといくと、そうではありません。

 お金を貯めることしか頭のない人は段々愛情が減っていきます。


 お金がたまるのと引き換えに、愛情やそのほかの大事なものを失っていく、悲しい人たちといえます。