おねだりロケーション

 おねだりをするにも心理学を利用すると良いです。  人は美味しいものを食べているときに、頼みごとをききやすくなるといわれています。


 恋人におねだりするとき、皆さんどうします?

 もともとおねだりは頼みにくいことを言うこと。 何回も同じことを言うのも疎まれそうだし、出来れば一度で成功させたいですよね。


 ではどういうタイミングでおねだりするのが「良いおねだり」なんでしょう?


 ここで知っておくと良いのが「ランチョン・テクニック」です。
 これは、何かを食べたり、飲んだりしながら相手を説得する方法です。


 ではこの方法にどのような効力があるのか考えてみましょう。


 自分が何か美味しいものを食べたり飲んだりしているところを想像してみてください。それは、多くの人にとって心地の良い、安らぐ時間ではないでしょうか。そういった時間、人の気持ちは知らず知らずのうちに緩んでいるのです。


 そのときがまさしく、おねだりするねらい時!


 外食なら素敵な雰囲気の店を選び、美味しいものを食べている時に、おねだりしてみてください。
 恋人は良い店の雰囲気、美味しい食べ物を味わいたいために、不要な対立は避けようと思うはずです。

 それはすなわち、「YES」の返事をするということ。

 雰囲気が良ければ良いほど、料理が良ければ良いほど相手はより楽しくその場を過ごしたいという心理作用が働くので、おねだりが成功する確率も高くなるといえます。