良い店員悪い店員

良い店員さんは、お客さんの心を読むのが上手いもの。 店に入ってすぐ寄ってくる店員さんも、ずっと放ったらかしの店員さんも良い店員さんとはいえません。


 洋服屋などのショップに入ったとします。

 その途端、
「今日はどういったものをお探しですか?」
 とまだ店内を見もしないうちから店員さんに聞かれたらどう感じますか?

 あるいは、聞きたいことがあるのに店員さんはこちらを見向きもしない、ひどい場合レジにいるのに放ったらかし。
 そんな店員がいる店を、どう思いますか?
 何度も通いたい、と思いますか?


 接客業では、ただ売り込む力だけでなく、お客さんの気持ちを察しながら応対することが求められます。そのためにはお客さんの「心理」を読む力が重要。「心理学」と難しく考える必要はありません。経験のある店員さんならば「ただなんとなく」わかるようになることですね。


 最初にあげた二つの例は、見事に悪い例。


 まずはお客さんにじっくりと店内を見てもらうことが大切です。
 何か買いたい物が決まっている人はその商品を探すでしょうし、何も決まっていない人は色々と見て回るでしょう。

 そのうち、お客さんの足が止まる時が出てきます。
 その時が店員さんの出番です!

 足が止まる、ということは、興味のある商品に出会った証拠。そのお客さんがキョロキョロと周りを見回し始めたりしたらよりいっそうのチャンス到来です。お客さんは店員さんがいないかを探していたり、声をかけてくれるのを待っていると考えられます。

 ずっとその状態でお客さんを放っておくと、次第に「サービスの悪い店員」というイメージを抱かれてしまいます。


 早すぎず、けれど、遅すぎず。


 じっと一人のお客さんを見続けることは難しいかもしれませんが、常に周囲には気を配るようにしておきましょう。