カウンセラーって誰がなる?

 カウンセラーの現状はどうなっているのでしょう。  一般的には臨床心理士の資格が公的資格と見られています。


 カウンセリングをする人のことを「カウンセラー」と呼ぶことは有名です。


 ではこの「カウンセラー」、一体どういった人がなっているのでしょう?


 実は、カウンセリングすることや、カウンセラーと名乗ることに法的拘束がないのが現状。つまり何の資格もなく、十分な知識や経験のない人がカウンセラーを名乗ることだって出来るのです。


 勿論そのような人たちにまともなカウンセリングが出来るとは考えにくく、悲しいことですがそういった心無い人たちのためにトラブルも起きているのも事実です。


 そういったトラブルを避けるためにも、カウンセリングを受ける際には専門の知識を身につけている人かどうか確認する必要があります。

 とはいえ、現在カウンセラーの資格としては国家資格がなく、民間の認定資格が溢れている状態。どの資格を持っている人がどんな知識を持っているのか、というのはわかりにくい状態です。


 そんな中でカウンセラーがもつ資格として最も知名度があるのが、臨床心理士。


 臨床心理士は指定された心理系の大学院を卒業したり、さらに実務をこなして初めて受験資格が与えられる試験。試験の資格等は現在流動的に変更しているのが実情ですが、しっかりと心理学について学んだ人でしかなれないという点では変わりません。

 公立学校でスクールカウンセラーになるために必要な資格とされていることもあり、公的資格と呼ばれてもいます。

 「臨床心理士の資格を持っている人のカウンセリングなら間違いない!」とは言い切れませんが、他の資格に比べると信憑性の高い資格と言えると思います。