家庭の心理学

親子のはじまり
 人間に鳥のような「すり込み」効果はありません。  でも赤ちゃんとお母さんは早く対面し、長く一緒にいた方が良い親子関係が築けるのです。
怒鳴るよりも効果的
 子供を叱る方法には頭を悩ませるところ。  怒鳴りつけても効果が薄い場合は、子ども自身に考えさせましょう。
話し上手話し下手
幼少期に話をきちんと聞いてもらえなかった子供は大人になってからも話し下手になる傾向があります。それは、「マイナスの条件付け」がされてしまうからです。
矛盾は禁物
言葉では良いことを言いながら、顔は怒っている。こんな矛盾したメッセージばかり発していると、子供の自我が壊れてしまうので要注意です。
子供のスポーツ何にする?
子供にスポーツをさせる親が増えています。このスポーツ、何を選ぶかによっても子供の人格形成に大きく影響してくるのです。
野球のポジション別性格@
野球は昔から男の子たちにとって人気のあるスポーツ。 ピッチャーをやりたがる子、キャッチャーをやりたがる子、それぞれ性格が違います。
野球のポジション別性格A
野球のポジションについてどこを希望するかで子供の性格が読み取れます。 内野手と外野手の性格についてみてみましょう。
「第一子」の特徴
「第一子」はおっとりとした性格をしているといいます。またストレスに弱いとも言われています。長男(長女)がそうなってしまうのはなぜなのでしょうか。
「第二子」(以降)の特徴
第二子以降の子供は生まれた時から競争相手(=兄・姉)がいます。そのため、ストレスにも強い子になるのです。
末っ子の特徴
末っ子は甘えん坊で、わがまま。そういわれるのは、心理学的にも納得なのです。
ひとりっこの特徴
ひとりっ子は育て方を間違えると集団生活になじめない子になってしまいます。けれど、自分のことを好きになり、優しい子になりやすいのもひとりっ子なのです。
ライバルは誰?
人は同性の兄弟(姉妹)に対しライバル心を抱く傾向にあります。これを「カイン・コンプレックス」と呼びます。
「キャラクター」と「パーソナリティー」
性格を形成するのは「キャラクター」と「パーソナリティー」。もって生まれたものと生まれてから培われるもの、両方で性格は出来上がるのです。
性格と体型
体型によって性格は変わることをご存知ですか?どのような体型の人がどんな性格をしているのか、みていきましょう。
クローズなひとびと@
最近クローズ人間が増えてきています。なぜそのような人々が増えているのでしょうか。
クローズなひとびとA
最近増えてきている「クローズ人間」。このクローズ人間の取る行動は、過剰負荷環境の中で人が取る行動と似通っています。
はっきりしすぎ!
はっきりしなければ気がすまない若者が増えています。コンピュータに適応しすぎるとそのようになる傾向があるようです。
喫煙=○○?
喫煙者が肩身の狭い思いをするようになってきた今日この頃。喫煙者が禁煙できない理由はなんなのでしょう。
摂食障害に陥る理由
摂食障害に陥る人が近年増えています。必要のないダイエット、無理なダイエットのほかにも原因は考えられるようです。
繰り返す悲劇
幼児虐待のニュースをよく耳にするようになりました。この虐待行為、一度するとその子に影響を与えるだけではすまないのです。